ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

札幌にもシェアサイクルがあります。その名は「ポロクル」

f:id:takky0116:20201020180935j:plain


ジェロナグラのシェアサイクルシステムは素晴らしいものですが、札幌にも同じようなシェアサイクル「ポロクル」があります。

大通りを中心とする地域を中心に街めぐりにとても便利です。

"Porocle"is a convenient sahre cycle system.

With about 50ports in the city,

the bikes can be rented and returned wherever suits you.

Get around with ease on an e-bike.

さらに電動アシストまで付いています。

 

 料金は1日パスで1500円。

観光案内所やホテルでICカードを購入して借りることができます。

 

これに対し観光客ではなく地元向けの月額会員の制度もあり、こちらは料金が月々2000円。

北海道大学の構内やサッポロビール北海道神宮、札幌市場外市場などにもポートがあり、観光客の使用を考えているようですが、ポートの集中している大通地区では、ビジネスマンの使用が目につきます。

 

法人プランの月額料金4000円。延長料金なしとなっていますが月額制の場合60分を越えた場合100円/30分の追加料金がかかります。

 

ポーランドと比較し、料金はまったく水準が違います。200万都市の札幌と14万のジェロナグラですが、自転車の台数、ポートの数の多寡。比較になりません。

 

シェアサイクルが市民の足として定着している国と、これから模索しようとしている国との差でしょうか。

 

ちなみに札幌のポロクルは10月31日まで、ポーランドも冬場はありません。

 

takky0116.hatenablog.jp