ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ヴロツワフ小旅行

ヴロツワフの街

 

ヴロツワフポズナンはジェロナグラから2時間。ちょうど同じ距離にある街です。それに加え、ベルリンもドイツですが2時間で行くことができます。

そんな中、今回はヴロツワフまで日帰り旅行を試みました。

 

ヴロツワフはジェロナグラの近郊を流れているオドラ川の上流にあり、シロンスク地方の中心都市、人口60万ポーランド第4の都会です。

ここの大学にも、ICEA派遣の日本語の先生がいらっしゃいます。

 

 まずは、ヴロツワフ駅。

外観はシンプルですが、構内はかなり広く売店やレストランもあります。

ここから、街が広がっているようですが、目的地の旧市街まで少し距離があるようです。トラムも走っていますが、路線図を見てもよくわかりません。

仕方ないので、ここは徒歩で建物をみながら散策することにしました。

 

 

 

この建物は「TEATR」とあります。多分劇場でしょう。

すこし進むと大きな教会が。

旧市街

やっと、旧市街につきました。下は二つの塔を持つ教会です。

中に入ると有料で塔の上段まで登れました。

折れ曲がった階段を登るのは結構疲れます。時々広いフロア―があって息を整えられるのですが。

登り切ったところが、2つの塔の間に渡した橋の上。

落ち着いた街並みが良くわかります。

 

ここは中央広場です。

休日なので、まだまだ寒い時期ですが観光客もちらほら。

シャボン玉を飛ばしているおじさんの周りには子供たちが集まってきています。

これがオドラ川。

ヨーロッパの川は幅もさることながら、水量が豊富です。この川の下流にジェロナグラの街があるのですが、以前はしけで渡った川がこの下流の川だとは思えません。

 橋の欄干には「鍵」びっしり。恋人が二人の愛を鍵に込めて結びつけています。

イヤー、鍵ですか。。。。。大きな錠前のような鍵もあります。

 

 

ヴロツワフ経済大学日本語学科

ヴロツワフ経済大学、イェレニア・グラ校

このヴロツワフ経済大学とここから2時間くらいチェコに向かった山間の観光地にある分校にICEAの仲間が日本語教師として赴任しています。

ポーランドの隅々の大学に「日本語教師」がボランティアで赴任して、日本とポーランドの架け橋になっている、こんな関係をもっと広げていけたらと思います。