ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ジェロナグラ大学 日本語講座 今日から修了式

今日から3日間、授業時間に合わせクラス別の修了式です。

f:id:takky0116:20190619050906j:plain

 

大学からの修了証書(ポーランド語)名前はもちろんですが、生年月日、出生地まで記入。裏には履修範囲と履修時間数。

人文学部長(ディーンと呼ぶらしい)が直々にサインします。今年度は時間数や履修したレッスンナンバーは記入せず、大雑把に「初級Ⅰの1」「初級Ⅰの2」「初級Ⅱの1」「初級Ⅱの2」「中級」5段階表示。「Ⅰ」「Ⅱ」は「げんき」の教科書に合わせています。

それに加えて私の手作りの「修了証」

 f:id:takky0116:20190619051016j:plain

今のテンプレートは素晴らしいですね。縁取りの金の鳳凰の図柄がきれいに印刷されます。

ここで、ディーンに負けずと毛筆でサインしようとして、いざ書いたら全く様になりません。筆ペンはともかく、毛筆それも細字の筆なんて初めて使います。

結局、自分の名前を書くのに半日練習しました。

 

つぎに、受講生の名前を毛筆で。これは、意外とスムーズに書けました。

アルファベットの曲線と毛筆がマッチするようです。

 

完成した修了証は23枚、23人が今期の修了者です。例年にくらべ人数が少ないようですが、ほとんどの受講生が秋からの講座にも参加すると言ってくれています。

日本と日本の文化に興味を持ってくれる人がこのジェロナグラに増えてくれればこんなにうれしいことはありません。

f:id:takky0116:20190619051122j:plain

たまたまのきっかけでこのジェロナグラに来たこと。私にとって、おおきな収穫でした。やっぱり、考えるよりも、前に足を踏み出すことのほうが大切なんですね。

足を踏み出したおかげで、こんな素晴らしい人たちと触れ合うことができました。

 

みんなに感謝、感謝です。ありがとうございました。

 

 

La Tulipe Noire また訪問しました 今日は「Ramen」ラーメンです。

ジェロナグラの美味しいレストラン、La Tulipe Noire へまた、行きました。

今日は、前回見つけた新メニュー「RAMEN」を注文しました。

受講生といったお寿司屋さんでも、ラーメンを食べている人がいました。

f:id:takky0116:20190618073230j:plain

でも、ここはヨーロッパ各国料理のレストラン。だいぶ趣がちがいます。

 

ポーランドで初めての「RAMEN」です。

f:id:takky0116:20190618071746j:plain

ラーメンはZUPA(スープ)の分類。値段は1200円

スープだとセカンドディシュがいるわけで、「ラーメン、餃子」を狙い、「ピエロギがりますか」と聞いたらありませんとのこと。残念。

 

takky0116.hatenablog.jp

 

ランチメニューは「コンソメスープ」と「ニョッキ」

そこでラーメン+ランチメニューを注文したら、ウエイターがセカンドプレートだけにしますかと聞かれました。

日本でラーメンはランチのメインですが、あくまでスープの扱い。確かに微妙な位置づけです。

結局、ラーメン+ニヨッキを注文しました。

出てきたRAMEN、見た目は日本のラーメンと変わりません。香りもほぼ同じ。

お箸までついています。それも、竹のお箸。袋には「おてもと」裏には「ありがとうございます」の言葉が。

具は「焼き豚がわりの炒めた生ハム」「ニンジンのスライス」「ごぼうのスライス」「しめじ」「半熟卵」「小葱」それにパクチのような香菜。「ごぼうのスライス」はシナチクの代わりでしょうか。

大きく違うのは「麺」

麺は平打ちのスパゲッティです。まあ。ラーメンも小麦粉から作るんですから、同じといえば同じですが、食感は???

ラーメンというより「きしめん」にラーメンのスープという感じです。

スープの味はしょうゆ味に出汁がきいていて美味しい。ヨーロッパはスープの文化ですから、さすがです。

でも、結論は、一度経験したから十分というところです。

コーヒーをつけて2000円弱。

f:id:takky0116:20190618072931j:plain

 

 

レシートをみて、気が付きました。

ポーランドは消費税が「23%」「8%」「5%」の3段階です。

コーヒーは23%、料理は8%なんですね。

もちろんお酒は23%。コーヒーも嗜好品として高いのでしょう。

野菜はもちろん5%、でも加工してサラダパックにすると8%。

なんとなく、納得できる3段階です。

日本は、今度一律、10%ですね。

どうして、細分化しないんでしょうね?

 

帰りにウエイターに「私は日本人です」と言ったら、「わかります」と言われました。

f:id:takky0116:20190618072803j:plain

ルブスキエ郷土博物館 ジェロナグラの中心地にあります。拷問博物館、ワイン博物館も併設。

この博物館の館員は大学の日本語講座の受講生です。

受講歴も長く今期「げんき」の初級Ⅱを修了。

来期は中級へステップアップされる方です。

秋にお伺いしたときに、立派な執務室に案内されました。

 

そこには、いぜん大学で日本語講師されていた方の「一期一会」の書が飾られています。

 

一階は街の発展を示したジオラマが。

秋に来た時には見ても右も左もわからなかったのですが、今回は街のジオラマを見て街の様子が手に取るようにわかります。

 

 

見どころは、2階のドアを開けたところにあるピエタ像。

https://www.instagram.com/p/ByqJP53o79F/

ポーランドのピエタ14,5世紀の木像です#ポーランド#ジェロナグラ

驚きました。なんて写実的なのでしょう。カトリック偶像崇拝、この像もどこかの修道院か教会にあって信仰の対象になっていたものです。

でも、信仰の対象となる聖像にしては、あまりにも感情がむき出しです。

息子を失った母親の悲しみが、眉、目、口元に。

無念さ、憤りがストールを握りしめた左こぶしからつ伝わってきます。

このマリアからは、キリストの復活への望みなんて微塵も感じられません。

ただただ、息子を思い、嘆き悲しむ気持ちだけ。

半面、キリストの体は魂を失った骸そのもの、すこし開いた口もと。

胸の傷には血の色も。

 

まるで、戦場カメラマンの撮った写真のようです。

この像を作った人は戦場でこんな場面をいやというほど見てきたのかも知れません。

 

https://www.instagram.com/p/ByBls-uITs-/

(こちらはクラクフ郊外のヤスナ・グラ修道院の「黒い聖母」ポーランド人の愛国心の象徴として敬愛されています。そこには戦火をくぐり抜けた歴史があります)

 

 

また、この博物館の地下にはワイン博物館と拷問博物館があります。

拷問博物館には中世の実際に使われていたという拷問道具が。そして、どこからか、ひっきりなしに叫び声、うめき声が聞こえてきます。

 f:id:takky0116:20190616075128j:plain

 

ワイン博物館は1800年代のワイン製造が盛んだったころの、道具が陳列されています。ワインの樽の銘をみるとグリュン・ベルクと。

ドイツ語で「緑の丘」の意味、ポーランド語で「ジェロナ・グラ」

そうです、ここは戦前はドイツだったのです。

 f:id:takky0116:20190616075236j:plain

 

 

ポーランドの太陽光発電 ジェロナグラ周辺に太陽光発電システムは普及しているのでしょうか?

ポーランドの発電設備

ポーランドは発電を、豊富な石炭に頼り、発電量の80%を石炭火力にたよっています。

現在、大規模な石炭火力発電施設が石炭のとれる南部地域で稼働しています。

ただ、①石炭はどうしても、大気汚染の問題がある ②石炭火力への依存度があまりにも高すぎる、との思いから、近年、原子力発電、海上風力発電ほか様々な方法をを検討しているようです。

ジェロナグラ周辺では

街の中心を走る線路の脇に石炭火力発電所があります。ここは、おもに、熱水を市内に供給することを主としています。

わたしのアパートにもここで作られた熱水が供給されています。

発電所は旧市街の反対側ですが、周辺部にあるわけではなく、町中の工場、倉庫街のなかというところでしょうか。

ほかの、発電システムはというと、ときたま郊外に数基の風力発電があったり、太陽光発電ソーラーパネルも原っぱの片隅にあったりします。

一般住宅の屋根にはほとんどソーラーは見かけません。

いたるところ、大草原のポーランドですから太陽光パネルを敷き詰める場所はいくらでもあります。でも、大規模な太陽光発電設備をつくるという発想はないようです。

 

レンタサイクルの管理システムに太陽光発電が使われています

f:id:takky0116:20190616010601j:plain

この街のレンタサイクルシステムはとてもよくできています。たぶん、ヨーロッパのほかの街でも普及していると思いますが。

使う場合はスマホのアプリで。決済もアプリ。料金もビックリするくらい安い。

ですから、春になると、レンタサイクルはフル活用です。

その、管理システムに太陽光発電が使われています。エコの上にさらにエコ。

エコの見本のようなシステムです。

でも、そのシステムも、行政による自転車道整備に負うところが大。

f:id:takky0116:20190616010742j:plain

本当にすばらしい道路管理です。

これが、日本より経済力が劣るといわれている国なのです。どこが?と思います。

確かに収入は低いようです。でも、食料品は日本の3分の1くらいの値段です。

いわゆるブランド品は日本と値段はかわりません。高い!

でも、それは日常生活に関係ないことです。どうしても、必要というものではありません。

おしゃれ度も日本と比べ???

 

日本のソーラーシステムの行き先が心配です

東日本大震災以降、再生可能エネルギー発電システムの導入について様々な優遇策がとられてきました。

たぶん、企業としては大規模な太陽光発電システムを作ることにより相当な利益が生まれるのでしょう。

でも、問題は「大規模な」というところです。

太陽光発電等は環境破壊に留意しているからこそ「グリーン投資減税」とか「再生可能エネルギー」とかいう耳障りの良い呼び名がついています。

でも、実際には「大規模」と「環境保全」は相反するケースがあります。

企業が利益を追うばかりに本来の目的を見失う。行政も形ばかりの規制に適合すれば可とする。

日本としてめざす本来の目的が見失われています。

そんな事例がいま、千葉県鴨川市で起きようとしています。

https://foejapan.wordpress.com/2019/02/28/kamogawa-solar/

ここも、日本の未来を占う正念場なのではないでしょうか。

 

 

ジェロナグラ 乗っていたバスが交通事故を起こしました。負傷者1名

ジェロナグラの MZK 市内バスは新しい車両が多く、運転もやさしく安心して乗っていられます。女性の運転手もよく見かけます。

 f:id:takky0116:20190613051257j:plain

それに対し、遠距離バスのPKSは車両も古く、運転もちょっと荒い、そんな感じでした。

このここ1か月の間、バス旅行が多く、先週も何となく不安で長距離バスの座席のシートベルトを締めていました。

周りにはシートベルトを締めている人は誰もいません。

 

今日は月曜日、学校の始まる日です。

学校に行く前に、5つ先の停留所woiska polskiegoで降りて、バス停のそばにあるいつものパン屋さんでパンを買ってから、学校に行くつもりでした。

普段は一番広い真ん中の入り口から乗り、前のほうに座るのですが、今日はなんとなく、後ろの入り口から乗り中ほどに座りました。

バスに乗った時、今日の運転手、ちょっと運転が荒いなあと感じました。

この街ではほとんどの交差点がロータリー式なのですが、旋回もちょっと荒く、座ろうとした人がちょっとよろけて私にカバンが当たり「Przepraszam」。

停留所に止まり、20mくらい走ったかと思ったら、急ブレーキ。さらにもう一度目いっぱいブレーキを踏みこむ。

切符を買おうとしていた女性が最初のブレーキでバランスを崩し、次のブレーキでバスの中央部から、前面に向かってすごい勢いで飛んでいきました。

ビックリしました。確かに、スピードは遅いとはいえ乗っている人間もバスと同じ速度で移動しているわけですから、バスが急ブレーキをかければ、中にいる人間は、慣性で飛んでしまいます。前面にぶつかった衝撃で鼻血を出しています。

携帯電話で救急車を呼んでいるようですが、救急車が来たのは、30分くらいたってから。

まあ、大きなけがでなかったのが不幸中の幸いでした。

 

第一原因は、スーパーの駐車場から出ようとした車が無理な割り込みをした形になり、バスが急ブレーキを踏まざる得なかったものです。

 

でも、乗っていた私の感覚では、バスも、アクセルの踏み込みが荒かったように思います。アクセルを踏み込んでいたからブレーキ対応が遅れた、そんな感じです。

ちょっとした、気持ちの荒さが事故になったのかな?と思いました。

 

ポーランドでも日本でも、乗客はバスが急ブレーキを踏むことを予想せずに乗っています。

今日の事故をみて、つくづく思いました。

バスに乗ったら、座席に座るべきです。

少し混んでいると、ついつい座るのが面倒で立っていることが多かったのですが、「万が一」は、いつあるかわかりません。

 

特に旅先ではいつも以上の注意が必要です。

 

 

ジェロナグラから南に一時間半。 素敵なホテル&レストラン「Rezydencya Jankow 」の歴史

ジェロナグラからバスでジャガンへ、そこで乗り換えイヲーバの村へ

そこには、19世紀に造られた、素敵な邸宅のホテルがあります。

f:id:takky0116:20190611032102j:plain

「Rezydencya Jankow」の歴史

1848年、ザクセン州からやってきたウィルヘルム ウインクラー‐パウルがこの地に、織物工場を創業しました。

その後19世紀の後半、その息子は鉄道駅の周辺の広大な土地を購入。

当時としては最新鋭の設備を持った機械織物の工場を作りました。

 

さらに、1922年に合弁会社を設立。

1938年にはイヲーバとその近在の村々から、1200人以上の労働者が働くようになります。

第2次世界大戦の前にはすでに、パラシュート用の布や軍服の生地を製造するようになります。

また、各国との貿易にも力をいれ、特にイギリスに対しては、盛んに生地を輸出するようになりました。

 

また、1943年には、ハンブルグから飛行機部品製造工場が移されました。

ここでは、アルミニウムのシートやプロペラ等の軍用飛行機部品が製造されました。

その、金属加工工場では、数多くの捕虜や強制労働者が労働させられていました。

 

さらに、ウインクラーは農園も経営し、花卉類を栽培、ベルリンに輸送するため、自社で飛行機も持っていました。

 

そんな、企業経営者のウインクラーは、1892年自分と家族のために立派な庭園付き別荘を建築します。

それが、今日の「レジデンス ヤンクフ」です。

この建物は当時の最新鋭のテクノロジーを駆使したものでした。

 f:id:takky0116:20190611033715j:plain

例えば、電話交換機を設置し、各部屋に電話回線を巡らせたり、

上下水道施設と同様に、銅管のセントラルヒーティングが、各部屋に張り巡らされています。

素敵な漆喰が壁を飾り、エントランスにはアーチの天井をしつらえ、花飾りの透かし彫り格子が飾られました。

別荘をとりまく庭園には2軒のあずまやもありました。

そのうちの一軒は今も残っています。

1943年にはオフィスにも兼用されましたが、外観には全く影響を与えていません。

 

また、戦後の1948年には園芸学校兼寄宿舎になりましたが、建築デザインや設備機器にも全く影響を与えていません。

お風呂や水回り、台所も、建築当初のままでした。

 

しかし、1974年から1980年の間には、地元民や市の保存に対する無関心のため、荒廃してしまいました。共産主義のもと経済がひっ迫したことも原因かもしれません。

 

1980年に建物は幼稚園に変更するために改装。

 

しかし、1990年、共産党政権が崩壊すると同時に、ウィンクラーの別荘は今の所有者が権利を取得。

2年間かけて徹底的にかつてのすばらしさを取り戻そうとしました。

昔の写真をもとに、窓や暖炉ステンドグラス、壁の漆喰などが再構築されました。

 f:id:takky0116:20190611032231j:plainf:id:takky0116:20190611032321j:plain

完全に、当時の姿を取り戻すことはできませんでしたが、19世紀後半に建てられた、邸宅の面影は十二分に感じ取ることができます。

 

また、別名「レストラン ホテル」と称されるだけあって、ここの料理はジェロナグラのどのレストランよりも素晴らしい味です。

そのうえ、屋外テラスから広々とした庭を見ながらの食事は格別です。

もちろん、値段は一般のレストランと同じです。

 f:id:takky0116:20190611032843j:plain

のんびり、豊かな一日を過ごすのには最適の場所です。

f:id:takky0116:20190611033100j:plain

 

ポーランドの名物料理 ピエロギとは餃子のことです

ピエロギ

小麦粉を練った生地に具を詰めて、ゆでて食べます。

東ヨーロッパで人気があるそうですが、特にポーランドで、定着しているようです。

スーパーでいろんな種類のものが売っていますし、学食のメニューにもしっかり入っています。

 

ガイドブックにはモンゴルの征服により、東ヨーロッパまで、餃子が伝わったともあります。

確かに、ポーランドはモンゴルに3度も侵攻され「ワールシュタットの戦い」が激戦であったとして、有名です。

ワールシュタットとはドイツ語で死体の山という意味です。

はじめて食べたピエロギ

スーパーで売っているのを選んで作りました。形は同じ、でも中身が違います。

中身はポーランド語表示、まったく読めません。

手始めに、一番安いのを選んでみました。気になったのは中身が紫色。

食べてみたら、なかにブルーベリーかラズベリーのジャムが入っていました。

微妙な味です。ポーランドでは、これをデザートに食べるようですが、餃子の皮に包まれたジャムのデザートは、遠慮したいです。

 

バッカスのランチ

お皿の上に載っているのはピエロギです。手前がずいぶん空いていますがこれは盛り付けです。ここが、センスなのでしょう。

ひき肉とそばの実のピエロギ。これはうまかった。ひき肉の脂っこさをそばの実がやさしく包んで絶品です。

それに、これは焼き餃子ですね。わたしは、やはり餃子は水餃子より焼き餃子のほうが好きです。


f:id:takky0116:20190611034623j:plain

ポズナニのピエロギ専門店

ポズナニの街で専門店を見つけました。街中に同じ看板の店があり、チェーン店でしょう。

店の名前もピエロ・・・。日本でいえば「餃子の王・・」みたいなネーミング。

 

ここは、店の入口で女性がビエロギを手作りしている様子がわかります。

もちろんメニューはピエロギだけ。

中身で値段が違います。中身と個数を注文。持ち帰りか、店の中や前のテーブルでも頼めます。

私は、隣のコンビニでビールを買い、店の前のテーブルで。チーズの入ったピエロギを注文。ビールによく合いました。

 f:id:takky0116:20190611035301j:plain

中国・哈爾濱では

さすが、水餃子の本家です。中国東北部では餃子が主食です。

同じように、店に入る作っている様子がわかります。

 

でも、その速さがポーランドと全く違います。

職人芸

。餃子を握るのに3秒くらいしかかかりません。チャっと中身を大きなボールから匙ですくい、手を3回動かしたら完成。

具も選べますが、さすがにジャムはありません。

 

中国・黒竜江大学、学食の焼き餃子

街中で焼き餃子はありません。餃子といえば、水餃子。

でも、ようやく焼き餃子を発見。注文しました。

その餃子、フライパンからまるまる、ひっくり返して皿に載せて出てきました。

最初見たとき、これが焼き餃子とは思えませんでした。なにかが違います。

 

 

でも、餃子だけみても、大陸は繋がっているんですね。

日本にすれば遠いヨーロッパですがモンゴルにすれば、直接戦闘をし、征服した土地でもあるわけです。

日本から見るより世界は狭いのかもしれません。

 

同じ小麦文化ですし、そういえば、スペイン、ポルトガルの「チュロス」と中国の「油条」は同じものですね

ポーランドでもパン屋に袋に入って売っています。名前はわかりませんが。