ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ミサはロック ポーランドのカトリック教会

ポーランドで一番信者の多い宗教はカトリック

ローマ・カトリックポーランドの国教です。

ですから、教会も数多くあり、また、村の路ばたや分かれ道には十字架や小さなチャペル、マリア像などが見受けられます。

 

そんなカトリック大国なのでポーランド人の故ヨハネ・パウロ2世(前法王)は国民からとても尊敬されています。

 

一方、戦前には国民の30パーセントをユダヤ人が占めていたので、シナゴークと呼ばれるユダヤ教会もあったと思われますが、ジェロナグラでは見かけません。

もしかしたら、旧ユダヤ人街のようなところには旧跡として残っているかもしれませんが。

 

カトリック教会の宗教音楽

カトリックといえば、プロテスタントと違い長い長い歴史を持つ宗教です。

当然、教会の礼拝の音楽はバッハのマタイ受難曲やミサ曲ロ短調のような荘厳な雰囲気に満たされていると思っていました。

(もっとも、ルターの没後140年ごろに東ドイツに生まれたバッハは当然プロテスタントですが)

 

ところが、私のアパートの向かいの教会、日曜のミサになると、道路に面したスピーカーから素晴らしいポップスが流れてきます。

張りのある素敵な女性の美声です。

ちょっと聞いているとK-popのようなメロディー。

かなり、聞きごたえがあります。

 

カトリック法王のロックアルバム

カトリック法王、フランシスコ法王は2015年にロックアルバムをリリースしています。

アルバム名は「ウエイク・アップ!」

カトリックの頂点にいる法王が無類のロック好きなので、全カトリック教会も右にならえなのかも。

 

 


Papa Francisco Wake Up! Go! Go! Forward! (Official Lyric Video)

 

 

ポズナニの教会での「黒いマリア」の式典

ここでも、市電の停留所から教会に向かう途中で大音量のロック音楽が聞こえてきました。

まるで、これからロックコンサートの会場に向かうようです。

ただ、ちょっと違うのは周りにたくさんの修道女が私と同じ方向に向かって歩いていることです。

「黒いマリア」の入場を待っている間の音楽もノリの良いロックやポップスが流れてきます。

その合間に、司祭の厳かなお言葉が。。全くポーランド語が解りませんが。

 

音楽を流すスピーカーは日本のYAMAHA

さすが、信頼のYAMAHAです。

こんなところで日本製品を見るとうれしくなりますし、YAMAHAのスピーカーを選ぶなんてポーランド人のセンスの良さがうかがわれます。

クラッシック音楽の浸透しているお国柄ですから、音にもうるさいのでしょう。

BoseJBLではありません)

 

ポズナニの夕暮れ(午後9時頃)

 

ポーランドでは新型コロナウイルス感染症拡大防止の緩和処置がいち早く行われています(4月20日から)

日本に比べいち早く強制力のある具体的な制約を始めていたポーランドですが、20日から制限の一部緩和が行われるようです。

ポーランド日本大使館からの情報は今までほとんど首相と保険大臣の合同記者会見の形で公表されています。

日本でいえば安倍首相と加藤厚労大臣の共同会見と言うところでしょうか。

考えてみれば、首相と厚労大臣の共同記者会見は日本では今まであまりなかったように思います。

共同で会見すると、首相と厚労大臣の発言に齟齬が生じ、記者の質問に耐えられないと判断したためでしょうか。



<ポイント>
新型コロナウイルス感染症感染拡大防止に関するポーランド国内の制限の一部緩和について
○16日から実施されている「公共の場において口と鼻を覆う義務」の違反に伴う罰則について

1 16日夜に行われたモラヴィエツキ首相及びシュモフスキ保健大臣の合同記者会見において,現在実施されている日常生活及び経済活動への国内制限措置の段階的な解除行程案の発表がありました。その第一段階として,20日(月)から以下のとおり一部制限が緩和されますのでお知らせします。なお,第二段階以降の解除措置につきましては,解除時期が判明次第,追ってお知らせいたします。

(1)レクリエーション目的での移動制限が解除されます。ただし,外出の際は2メートルの距離を保ち,口鼻を覆う必要があります。
(2)公園及び森林地域へのアクセス制限が解除されます。ただし,遊具やプレイグラウンドは引き続き閉鎖されます。
(3)13歳以上の未成年は親の同伴なしで外出が可能となります。
(4)店舗への入店人数制限が緩和されます。面積が100平方メートル未満の店舗はレジ1台につき4人まで,100平方メートル以上の店舗は面積15平方メートルあたり1人の計算で入店が可能となります。
(5)宗教的行事への参加人数制限が緩和されます(面積15平方メートルあたり1人)。
(6)農業従事者のマスク等の着用義務が解除されます。

 

行動制限もあいかわらず客観的数値の指示のある具体的な指示です。

2 昨16日から実施されている「公共の場での口と鼻を覆う義務」につきまして,違反の場合,最高500ズロチの罰金(1万5000円)を科せられる可能性がありますので,ご注意ください。

逆に公共の場でマスク等をする義務が課せられました。

あまり、マスクをする習慣のないヨーロッパ人ですが、罰金付きの厳しい義務です。


○9日(水)にお知らせした,本16日から実施されているポーランド国内の新たな制限である 「公共の場での口及び鼻を覆う義務」について,詳細が判明しましたので,以下のとおりお知らせします。

1 4月16日から解除日まで,衣服の一部やマスク等により,以下の場所に滞在する場合に口及び鼻を覆う義務が生じます。
(1)公共交通機関及び自動車内(一人または4歳以下の子供を連れて二人で移動する場合,住居を同じくする者が移動する場合を除く)
(2)一般的にアクセス可能な以下の場所
(ア)道路,広場
(イ)職場,公共的に使用される建物(行政,司法,宗教,教育,医療等)
(ウ)商業・サービス施設,販売所,市場
(エ)不動産の共有スペース

2 ただし,4歳以下の子供,健康状態や知的障害のため口鼻を覆うことができない者,上記1(2)(イ)及び(ウ)の場所で職務を行い顧客と直接的な接触がない者,公共交通機関及び乗客を乗せる職業運転手で乗客との十分な距離を確保できる者,宗教関係者(宗教行事の実施時),軍人(ポーランド軍のみならずポーランドの同盟国の軍も対象),情報機関員には同義務は生じません

 

こんなところに、情報機関員という言葉がちょこっと顔を出すのは元社会主義国のお国柄でしょうか。


3 商業・サービス施設で働く者は,全てのレジや窓口が追加的な衝立等で顧客から分離されている場合,透明なサンバイザー等をすることで義務を履行したことになります。

4 サービスの提供や職務遂行にあたり人定情報の確認が必要な場合には,口及び鼻を見せなければなりません。


ポーランド語の講座でポーランドのコロナウイルス感染情報の質問が出ました。

ポーランド語の初級講座ですが、何人かは中上級の方も参加されていました。

その中の上級の方の質問です。

ポーランド語で「ポーランドの情報は全く日本では知ることができない。日本人はヨーロッパというと、ドイツ、イギリス、フランス、イタリアくらいしか関心がない。

だから、新聞、ニュースにも載らずポーランドでどのくらいの感染者が出ているかもわからない」というような質問でした(質問はポーランド語です。さすが上級者)

先生の答えは、人数は毎日増加しているのでわからないが、ポーランドの対策の方が厳しく、日本の「ゆるさ」が心配だとおっしゃっていました。(日本語で・・きれいな日本語です)

 

 

 

ポーランド在住の皆様
たびレジ登録者の皆様

<ポイント>
ポーランド国内の制限の強化について

3月31日(火)に行われたモラヴィエツキ首相及びシュモフスキ保健大臣の記者会見において,コロナウイルス感染拡大を目的とするポーランド国内の措置の強化が発表されましたので,概要を以下のとおりお知らせいたします。これらの措置は特に明示のない限り本1日から施行されますのでご留意ください。

美容サロン,理髪店等の営業の禁止,また,大規模ホームセンターの週末営業禁止とする。
●食料品店及び薬局は従来通り営業するが,入店可能人数をレジの3倍までに制限される。午前10時から正午までは65歳以上の高齢者のみ入店可能とし,4月2日以降,店舗利用者は使い捨て手袋を着用すること。
●郵便局は,利用者数を窓口の数の2倍までに制限される。
ホテル及び宿泊施設は原則営業禁止とし,隔離措置対象者又は従業員が使用する場合のみ例外とする。現時点での施設利用者は,職務遂行のため宿泊している団体宿泊者を除き4月2日までに退去しなければならない。
●患者の健康状態に不可欠な場合を除き,リハビリ治療は延期する。
●4月2日より,職場内においても,1.5mの距離の確保,職員の手袋着用,消毒液の配置等の予防措置を講じ,雇用者はこれら措置の実施義務を負う。
●これまで,公共交通機関の利用者が定員の半数までに制限されていたが(例えば,定員70人の場合は最大35人まで乗車可能),9人乗り以上の私用車にも同措置を適用する。
●子供や障害者の世話をする場合を除き,相手との距離を2m以上おくこと。
大人を伴わない18歳未満の者のみでの外出を禁止する。
●公園等の広い屋外空間の利用を制限する。
自転車等の共有サービスを禁止する。

 

 

日本との違いは

①東京は理容室は自粛要請ですが美容室には触れていません。美容室は女性にとって不可欠との判断でしょうか?    さすが、小池知事です。

②マスクより、使い捨て手袋を重視しているようです。

③ホテル、宿泊施設は隔離対象者用に使用するようです。日本では、法務省が裁判所の書記官候補研修をこの時期に東京近郊の埼玉県で全国から300人も集めて行うというこ

とで法務省の暢気さが話題になりました。

④公共交通機関は定員の半数に

これが常識的考えです。日本では、交通機関の便数を減らすようです。でも、便数を減らしたら、いくら時差出勤や自宅勤務(テレワーク)を推進しても、電車やバスは込み合うように思うのですが。

⑤18歳未満は外出に大人同伴。

これで、高校生が休校中に街をふらつくことが防げます。でも、これは親にとってもかなりのプレッシャーですね。

⑥自転車の共有サービスはポーランド中に広まっています。とても便利でこれからの暖かいシーズンには利用者も増えるのですが、ハンドルを持つからでしょうか?

 

交通機関の人数制限の有無を見ると日本の方が指示があいまいのようです。

国民性でしょうか?

私もマニュアル化という言葉をきらいますが、指示はできるだけ具体的に、誰が見てもわかることが大切なようです。

 

今年度から小学校で開始されるプログラミング教育も

今回のようなコロナ対策でも、より論理的な解決策を見いだせる人材を育成することにあります。

ロボットはあいまいな指示では絶対に動きません。

 

問題を解決に結びつける筋道を一つ一つ積み上げていく。

そこに論理の太い柱がある。

そんな、論理力を持った人が知事としている地方は安心です。

<pZ会プログラミング講座 with LEGO(R) Education/資料請求はこちら

「初歩のポーランド語」講座を受講 北海道ポーランド文化協会主催です

4月6日 札幌エルプラザで開催された「初歩のポーランド語」 講座 

~挨拶の言葉編~

を受講しました。

テーマは

初歩のポーランド語〈挨拶のことば〉を学びます

旅行や交流の時、ポーランド語で挨拶をするだけで、ぐっと親しみがわきます

2時間の間に、いくつかのポーランド語を使えるようになりましょう

 

9か月ポーランドにいたのにほとんど言葉がわかりませんでした。

会話の本ももたず、事前知識まったくなしで行き

現地でも、ほとんど独学。

というか、勘で会話をしていたようなものです。

たぶん、こうじゃないのかな、状況から判断してこんなことを言ってるのだろう。

それでも、何とか不自由せず。(相手はたぶん相当困ったと思いますが)

 

遅ればせながら、この機会に一から勉強しようと一念発起。

また、ポーランドに行ったときには十分コミュニケーションをとれるようにするための準備です。

 

Dzien Dobry       こんにちは

Czesc     やあ

Dziekuje    ありがとう

Prosze     すみません

Do widzenia   さようなら

 

このくらいしか使ったことがありません。

 

でも、ポーランド語、難しいです。

ポーランド人はロシア語に似ていると言っていましたが、まあ、ロシアのキリル文字でないだけまし、と考えましょう。

 

講師は Agnieszka Pochyla という女性です。

ポーランド南部のJastrzebie-Zdroj 出身で

ポズナン大学 日本学科(日本学修士

日本政府奨学金を受け北海道大学に2回留学した方です。

 

北海道ポーランド文化協会の主催で、この協会が札幌にあることが、北海道とポーランドの深いつながりを表しているようです。

 

先生に確認しました。

POZNAN(中世ポーランド王国の最初の首都)は

ポズナン」ですか「ポズナニ」ですか?

Nは頭に ’ が付いていて弱く発音するので「ポズナニ」が近いようです。

そこで今後は「ポズナニ」ということにします。

 

ジェロナグラで何人かに聞いたのですが、めんどくさいと思われたのか

どっちでもいいんじゃない、というところに落ち着いてしまった、かねてからの疑問の結論です。

 

 

Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education/資料請求はこちら

2020年 札幌雪まつりにポーランド広場が登場しました

2019年、日本とポーランドは国交樹立100周年を迎えました。

それにちなんで、札幌雪まつり会場に ”ポーランド” が

出現。

場所 HBC広場

製作 陸上自衛隊北部方面通信群

協力 駐日ポーランド共和国大使館

後援 北海道ポーランド協会 ほか

 

雪像

ワジェンスキ公園の水上宮殿

ショパン

 

縮尺は 実物のおよそ1/2

 

ポーランドとドイツの国境は封鎖されていません。コロナウイルス

 



f:id:takky0116:20191016194116p:plain



<ポイント>
ポーランドから出国可能な国境ポイントについて

 先般お知らせしましたポーランドから出国可能な国境ポイントにつきまして,詳細が確認出来ましたのでお知らせします。なお,越境可能な手段は,徒歩,車両(バス,タクシー,レンタカー等)です。また,本16日正午現在,当国隣接国の中でポーランドからの入国を制限していない国はドイツですので,同国との国境で通過可能なポイントを以下のとおりお知らせします

1 車両のみ
(1)Jedrzychowice(高速道路A4)※独側:Goerlitz北側
(2)Olszyna-Forst(国道18号)※独側:Forst
(3)Swiecko(高速道路A2)※独側:Frankfurt(Oder)
(4)Krajnik Dolny(国道26号)独側:Schwedt
(5)Kolbaskowo(高速道路A6)独側:Pomellen
(6)Swinoujscie(国道93号)独側:Garz

2 徒歩のみ
(1)Gubin(ショパン通り国境橋)※独側:Guben
(2)Slubice(国道29号国境橋)※独側:Frankfurt(Oder)
(3)Kostrzyn nad Odra(国道22号国境橋)※独側:Kietz

※全てのポイントは24時間オープンしています。

2 越境手段
上述のとおり,越境手段は,車両(レンタカー,タクシー,バス,自家用車等)及び徒歩となります。
(1)車両による出国(越境)について,報道によると渋滞が発生しているとのことです。出国に時間を要す可能性が高い状況ですので,飲料の準備等をおすすめいたします。
(2)バスでの移動は,空気の流れが悪く感染症の感染のリスクもありますので,予防措置等十分にご注意ください。

ポーランドのコロナウイルス事情 2020年3月18日

ヨーロッパの諸国でコロナウイルス感染者が激増している中でポーランドは比較的抑え込みが効いているようです

f:id:takky0116:20190716205720j:plain





<ポイント>
3月18日午前10時現在の当国における新型コロナウイルス感染者数は246名(うち13名が回復,5名が死亡)
ポーランド政府等の対応について(出入国関連,国内の制限等)
ポーランドにおいて同ウイルスに感染した,又は感染の疑いが生じた際の対応について
風評被害についての情報提供のお願い
○その他(参考情報等)

一 3月18日(水)午前10時時点の当国保健省の発表によると,国内の新型コロナウイルス感染者数は246名,うち13名が回復し,5名が亡くなられています。

二 政府等の対応について
17日(火),欧州理事会は,EUによる一時的な入域制限措置の導入に合意し,各加盟国が実施の具体的措置を行うとしています。そのため,当国を含め周辺国の状況も追加措置がとられる可能性があります。

1 3月13日(金),モラヴィエツキ首相が新型コロナウイルス感染拡大に関し,「感染脅威事態」を宣言し,現在以下の措置がとられています。
(1)国境審査の実施と外国人の入国禁止
(ア)3月15日(日)午前0時から終了時(期限は決められていない)まで,独,チェコリトアニアスロバキアとの国境の通行と空路及び海路での通過が制限されます。同制限は,空路,海路での通過及び自家用車による陸路での通過によってポーランドへの入国を行う者を対象としています。対象者の範囲は下記(エ)のとおりです。
(イ)3月15日(日)から3月24日(火)までの間,チェコ,独,リトアニアスロバキアとの国境において国境審査が復活します。シェンゲン協定に基づく海路及び空路上の境界地点においても同様に国境審査が復活します。
(ウ)3月15日午前0時から終了時(期限は決められていない)までのロシア,ベラルーシウクライナとの国境通過は一部を除き禁止されます。
(エ)3月15日(日)0時より,外国人は一時的に入国禁止となっています。次の対象者のみポーランドへの入国が可能です。(a)ポーランド国民,(b)ポーランド国民の配偶者又は子女の外国人,又はポーランド国民の恒常的な扶養の下にある外国人,(c)ポーランド・カード(注:外国籍のポーランド人のポーランド国民への帰属証明書類)を有する者,(d)外交団長及び外交団・領事団の構成員,すなわち外交官のステータスを有する者及びその家族,(e)ポーランドでの永住権又は一時滞在許可証を有する外国人,(f)ポーランドでの労働の権利を有する外国人(ポーランド国民と同様の労働条件が適用される者,労働許可証季節労働許可証又はポーランドにおける外国人へ業務委託証明書の所持者)(g)前述
以外の特別なケースにおいては,国境警備隊長は国境警備司令官の承認を得て外国人のポーランドへの入国を許可することができる。(h)物資の運搬に係る輸送手段を運転する外国人。
(オ)さらに,上記期間(15日から終了時)においては,居住地への帰国のため又はポーランドでの滞在のため国境を越えようとする者は,全員以下の義務を有します。
(a)国境警備隊員に対し,居住地又は滞在地(同場所において自宅隔離措置を実施)及び本人と連絡が可能な電話番号の情報を提供する必要があります。
(b)国境通過後は,通過の翌日から換算して14日間の自宅隔離措置が義務付けられます。
(カ)上記の諸点は,ポーランドに入国しようとする全ての者に例外なく適用されます。

2 国際航空便及び国際鉄道便の停止
(1)3月15日(日)午前0時から28日(土)【※】までの間,全ての国際旅客機のポーランド国内の空港への着陸が禁止されています。ただし,ポーランド首相の命令により運航されるチャーター機によって帰国するポーランド国民の運送を除く,としています。
(2)3月15日(日)午前0時から終了時(期限は決められていない)までの国境を通過する列車への乗客の乗車を見合わせられています。
(3)貨物航空便及び鉄道便は従来通り運行し,物流への障害は生じないとしています。

3 出国関連
ポーランド政府は,周辺国との通過可能な国境を制限しており,また,周辺国も入国制限をしております。チェコスロバキアウクライナリトアニア及びロシアは滞在許可等がない外国人の入国を禁止しており,また,ベラルーシは,入国査証を必要としています。
(1)上記2(1)のとおり国際航空便のポーランド国内の空港への着陸が禁止されており,機材が到着しない等の航空機での出国は非常に困難となっています。ただし,1日に数便,国際便が運行されていることが確認されたので,当館から空港当局に確認したところ,運航するか否かは承知しておらず,各航空会社の決定であるとのことですので,各航空会社にご確認いただく必要があります。
(2)国際航空便について,LOTが英国のポーランド人の帰国用チャーター便(ロンドン(LHR)−ワルシャワ)運航のため航空機移送として1日数便ワルシャワ空港から定期便を運航しており,往路であるワルシャワ−ロンドン(LHR)間のチケット購入が可能である旨確認しました(18日午前現在)。なお,運航詳細(キャンセル等)については航空会社にご確認いただく必要があります。また,現在,英国は入国制限を導入しておりませんが,今後,変更の可能性はありますので,在英国日本国大使館や駐日英国大使館のHP等で最新の状況をご確認ください。
(3)上記2(2)のとおり国際列車は運休しておりますので,列車での出国はできません。
(4)車両(自家用車,レンタカー,タクシー,バス等)によるドイツへの出国可能な国境ポイントは以下のとおりです。なお,渋滞や混雑している可能性がありますので,飲料等の準備をおすすめいたします。


4 国内の措置
(1)3月14日(土)から終了時(期限は決められていない)まで大規模商業施設は,食料品店,薬局,ランドリーを除き,営業を制限しています。その他の販売店や金融機関は,通常どおり営業しています。
(2)3月14日(土)から終了時(期限は決められていない)までレストラン,カフェ,バー等の飲食店は,テイクアウトまたはデリバリーのみ可能としています。
(3)3月14日(土)から終了時(期限は決められていない)までスポーツジム,プール,ダンスクラブ,フィットネスクラブ,博物館,図書館,映画館を閉鎖しています。学校,幼稚園及び保育園を閉鎖し,また,大学の授業を停止しています。
(4)3月14日(土)から終了時(期限は決められていない)まで屋内外を問わず,公共及び宗教的な性格を有する50人以上の集会を禁止しています。
(5)当国外務省は,ポーランド国民に対し,不要不急の全ての海外渡航を控えるよう注意喚起がなされています。
(6)自宅隔離措置に関し,右措置に従わなかった場合,5,000ズロチ以下の罰金又は1年以下の自由の剥奪が科されます。