ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ポーランドの鉄道(オンライン チケット)TLKでワルシャワからジェロナグラへ

f:id:takky0116:20210914101627p:plain

ポーランド鉄道のオンラインチケット

これは、ワルシャワからジェロナグラまでのPKP(ポーランド国鉄)のインターネットチケットです。

9月27日 朝7:53分にワルシャワ中央駅を出発してジェロナグラに昼過ぎの13:56分に着きます。

TLKというポーランド国鉄の長距離列車です。

EICというもう一つ早い特急列車もありますが、EICでは「ポズナニ」か「RZEPIN」で乗り換えが必要です。

 

TLKはジェロナグラのような小さな地方都市(県の中で行政機能が2つに分かれた長野、松本の松本や前橋、高崎の高崎のような街)でもこんな直通列車があります。

それだけ、ジェロナグラがワルシャワから遠いとも言えますが。

 

ワルシャワ中央駅は2階のコンコースからエスカレーターで降りると各ホームになります。

一本のコンコースに各ホームが付いているので単純な構造なのですが、何番ホームか心配だったので、前日に一応コンコースに掲示している案内板を確認に行きました。

 

f:id:takky0116:20210914181125j:plain

 

 

一等座席は6人のコンパートメントタイプ、二等八人コンパートメント。

私は二等を予約しましたが、別段狭いとも感じませんでした。

 

439km、約6時間の長旅、

昔の特急列車で、東京から西に向かって琵琶湖近辺までいく感じです。

それなのに、料金は47.60ズォテイ。  日本円で1400円くらいです

いかに2等車両とはいえこの安さには驚きです。

あまりに安いので、逆に何かの間違いかと心配もしましたが、途中で車掌が検札に来ても、パスポートを確認しただけで問題はありませんでした。

 

座席は「O」okno(窓側)

ただ、窓側を取って景色を楽しもうと思ったのですが、景色にほとんど変化がなくてすぐに飽きてしまいました。

途中で止まる駅も日本と違い駅の周りには建物があまり見当たりません。

町の中心部は駅から離れたところにあるようです。

 

街らしい街はポズナニぐらい。後は、日本の単線の田舎の駅前という感じです。

 

f:id:takky0116:20210914181207j:plain

ジェロナグラの一つ手前の駅です

この、キップを改めてみると

列車は「コンパートメントのないワゴン」と書いてあります。

ワルシャワには6回くらい行ったり来たりしたので、コンパートメントの列車は別の時と記憶が混乱しているのかもしれません。

 

確かにコンパートメントのない普通の日本にもあるような特急にも乗りました。

その時は席がちょうど車両の真ん中で、自分の席の次から席の方向が変わるのでちょうど背中に隙間ができトランクが2つぴったり納まったのでとても便利だった記憶もあるのですが。

 


www.youtube.com

 

ポーランドの水事情 ポーランドの水道水は飲めますか?

ポーランドの水は飲めますか?

 

外国に行くと、その国の水道水は飲めるかどうかが話題になります。

水道水が安心して飲める日本ですが、一方では、外国の水を飲むことには大きな抵抗があるようです。

確かに旅行中に現地の水を飲んでおなかを壊したという話はよく聞きます。

 

まずの結論。

旅行中は、現地の水をの飲まないほうが良いでしょう。

旅行中は、腹痛でも大事です。せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

そんなリスクは少しでも避けるべきです。

 

さて、しばらく滞在する場合です。

ポーランドの場合、ワルシャワ水道局は「飲める」と正式に告知しています。

私のいたジェロナグラではどうでしょう。

 

大学にある水道水の蛇口から直接水を飲んでいる学生はいませんでした。

授業にはたいてい、みんな「ボトル」をもってきています。

自販機で「水」も売っていましたが、あまり自販機の水を買う姿も見られません。自販機で買うのは「コーク」や「ファンタ」「ドクターペッパー

そんなところから、みんなのボトルに入っているのは自宅から持ってきた水だと想像します。

ポーランド人の友人に聞いてみたところ、ボトルに入っている水は「Tap Water」とのことでした。

 

ポーランドでは、ヨーロッパの各国でそうであるように、炭酸入りの水は人気です。

炭酸入り  gazowana

炭酸無し  niegazowana

値段は500ml入りで高くても60円くらいでしょうか。

日本に比べれば安いものです。

ただ、水を買って困るのは重いこと。

スーパーにバスで買い物に行き、他にも重いものを買うのに、さらにその上水まで買っては重労働です。

500mlを10本買って5キロ。

私は、たいてい2本くらいしか買いませんでした。

それも、2本とも「gazowana」

肉やチーズ、ハムなど油っこいものになりがちなので、ガス入りの方がさっぱりして飲みやすいようです。

f:id:takky0116:20210907184108j:plain

f:id:takky0116:20210907183925j:plain

ジェロナグラのスーパーで購入

 

硬水と軟水

衛生面はともかくとして、日本人がヨーロッパの水に慣れないのは、『硬水』だからだそうです。

日本のように雨量が多く、川の流れが急で河川の短い島国では、水に溶ける成分が少ないためほとんどの地方で水は『軟水』です。

 

ヨーロッパのように、地下水も河川の水もゆったりと石灰質の地層の中を時間をかけて流れてくる地域とは水質が違うのは当然です。

例えばジェロナグラはオドラ川の河川域ですが、この川はチェコ共和国北東部のズデーデン山脈に源流を発しバルト海に流れ込む川です。

チェコ領内を112km、ポーランド領内を742km(うちドイツ国境を187㎞)流れて海にようやく到達するわけですが、源流からジェロナグラまですでに700kmくらいは流れてきています。

 

日本でいちばん長い信濃川は367kmなので、信濃川の2倍は流れてきているわけです。その上、オドラ川はズデーデン山脈を抜けてポーランドに入れば、ヨーロッパ大平原の中をゆったり流れてきます。

それに対し、信濃川長野市近辺ではゆっくりになるものの、長野県と新潟県の県境の野沢温泉津南町十日町近辺では急こう配を流れ落ちています。

ですから新潟の水は超軟水で新潟のお酒は「やさしい」と言われるわけです。

 

 

日本の硬水地域

県別で日本の水道水でいちばん硬度が高い県は「千葉県」です。

 

その中でも一番高いのは千葉県の房総半島の中心部に位置する「大多喜町」のようですが、私の育った「安房」地域の硬水度も相当なものです。

安房地方の主要な水源地の三芳水道事業団(真倉・さなぐら)が3位、同じ事業団の(山本)5位となっています。

 

つまり、小さいときから「硬水」を飲んで育っていますから、硬水に免疫があるということです。

この地域に硬水が多いのは、土地が広いためでは決してなく地下に「古代のサンゴの化石」があるためと言われています。

そのサンゴ化石の石灰質を水が通って湧き出してくる為、「硬水」となっているようです。

小さい頃はやかんの中にはいつも灰白色の塊がこびりついていました。

 

ですから東京で生活したり、東北地方で生活し始めた時、何年使ってもやかんに澱が付かないのを不思議に思いました。

日本ではそれが当たり前の事だったのですが。

 

ジェロナグラでも水道水を電気ポットで沸かしていると1か月も経たないうちに底の方に澱がたまってきます。

 

それを見て同じ硬水なんだと実感した次第です。

 

 

BRITAのポット型浄水器

澱を毎月こそぎ落とすのも面倒なので、BRITAの浄水カートリッジを購入しました。

日本のバージョンでは「ミネラル分はそのまま、塩素を除去」なのですが、ヨーロッパでは「塩素分は日本より少なめ、ミネラルが豊富すぎ」なため、現地バージョンの浄水カートリッジが一番です。

 

しかし、浄水カートリッジは近所のスーパーを何軒も探しましたが売っていません。

ようやく、アパートと街の中心部を結ぶバス路線の間にある、Carrefour というハイパーマーケットで入手することができました。

 

効果はてきめんです。

BRITAを通したら全く石灰分の澱は電気ポットにつかなくなりました。

日本では浄水器を使ってもあまり効果を実感することはなかったのですが。

 

 

ちなみに中国では

中国の哈爾浜では、絶対にミネラルウォーターが必需品です。

大学の生協では5Lのボトルを売っていて、私は2日に1回は2本10Lを買い出しに行きました。

仲間の間でも、朝、顔を洗う水や歯を磨くときの水をどうするかが話題になったくらいです。

絶対、ミネラルウォーターです。

 

味から言うと、天然水のミネラルウォーターよりコカ・コーラで製造しているろ過水の方が美味しいと思います。

学生寮では、15Lの水を定期購入する斡旋もしていましたから、生水を飲む人は中国人にもいないんじゃないかと思っています。

 

ポーランドでは確かにミネラルウォーターの品数は多いのですが、5Lや10Lのボトルは見かけたことはありませんでした。

 

お風呂の水以外はすべてミネラルウォーターとすれば、かなりの水を買わなければならなくなります。

ですから手が空いているときは、必ず生協に立ち寄り、「水を買う」これが日課の生活です。

 

洗濯しようにも最初出てくるのは、赤い水。

たまたま、水道代はいくら使っても無料だったので、洗濯もお風呂も赤い水が少しでも薄くなるまで出しっぱなしにしていました。

もともとの水がわるいのか、配管の錆などが出てきているのかわかりませんが、こういう地域では、絶対「水道水」を飲む気になれません。

 

f:id:takky0116:20210908110031j:plain

f:id:takky0116:20210908110312j:plain

中国・哈爾浜の黒竜江大学の生協で

食べるものを買おうにも、生協に行っても、売っているものが怪しくて、パンは北海道産小麦使用と書いてあったものが一番おいしい。

哈爾浜まで来て「北海道産?」と思いましたが、中国では安心、高級のブランドのようでした。

 

結論を言えば

ポーランドでは「水道水」を飲むことは問題ありません。

食事中飲む水は「ミネラルウォーター」

料理に使う水は、直に「水道水」

珈琲や紅茶は「BURITAのろ過水」

こんな感じでしょうか。

ポーランド人も料理は「水道水」を使っているとのことでした。

 

私自身は、コーヒーを入れるのは「水道水」でした。

もともとコーヒーはトルコ軍がウィーンを攻める時、悪い水を飲んで体調を壊さないようにするためコーヒーを飲んでいたという話もあります。

コーヒーの粉自体が「活性炭」のようなものですから。

 

更に、ドリップペーパーを節約するため、コーヒーの粉とお湯をじかにカップに入れ上澄みを飲む「トルコ式」の飲み方でも飲んでいました。

一杯用のドリップペーパーを買っていったのですが、結構飲むので、何か月も持ちません。

そこで、教えてもらった「トルコ式」を併用していたしだいです。

 

 

 

キュリー夫人 ポーランドを代表する科学者です

キュリー夫人ポロニウム

1867年ワルシャワに生まれました。

当時のポーランドウィーン会議で分割されワルシャワ公国という名はあるものの実質的にロシアに併合された状態でした。

ソルボンヌ大学で勉強を始めた彼女は、

放射能の研究をし、ラジウムポロニウムという新元素を発見しました。

1898年のポロニウム発見時、まだ、ポーランドという国は復活していませんでした。

祖国ポーランドロシア帝国から解放する運動に強い関心を寄せていたキュリー夫人

発見した元素を故国ポーランドのラテン名(Polonia)にちなんで「Polonium」と名づけたものです。

彼女はその後「ノーベル物理学賞」と「ノーベル化学賞」を受賞しています。

 

この、キュリー夫人にちなんだ時計がジェロナグラで作られています。

生誕150年を記念して作られたとのこと。

 

生誕150年記念時計

それが、この時計です。

ポロニウムの元素番号84にちなんで、文字盤の「8」と「4」の数字が塗りつぶされています。

また、さらに文字盤にポロニウムの電子配列が輝石でかたどられています。

女性用の小ぶりな腕時計は84個のダイヤモンドが埋め込まれているそうです。

 

f:id:takky0116:20210830071810p:plain

f:id:takky0116:20210830072413p:plain

ポロニウムと暗殺

2006年元ロシア連邦中佐のリトビネンコ氏が暗殺されました。

その時に使われたと言われているのが、この「ポロニウム」です。

ポロニウムから出る放射線α線のみで外部ならば紙一枚で遮ることができます。

ところが、体内に入ると、放射線量が非常に多くDNAを切断してしまうようです。

 

 

タバコ煙にも放射物質(ポロニウム

タバコの煙にはこのポロニウムが含まれています。

フィルターを通しても3%しか除去できません。

のこり97%はフィルターをすり抜け気管支に取り込まれます。

年月を経ればPb21→ポロニウム210へどんどん変換しポロニウム濃度が高まってきます。

 

癌の治療に

このポロニウムα線の飛程の短さに着目して、体内から腫瘍組織をたたく研究が進められています。

恐ろしい放射能物質も使い方次第では、有効な治療薬に活用できるということでしょうか。

 


www.youtube.com

Challenge 16 Challenge17 Challenge18 Challenge19 Challenge20 ここで「Chapter 1」 をクリアーです

Photonの目と角の色を変えるプログラムを学びます。

①最初にPhotonの色を黄色にします。

②ひとマス進みます

③Photonの色をブルーに変えます

 

ここで「プログラミング」の順序を学習します。

①→②→③

というわけです。

 

f:id:takky0116:20210826205224p:plain

Chapter18では「teleport]という新しい障害が出てきます。

このポイントを通過する前にPhotonの色をポイントが表して色に変えないとスタートにも戻ってしまいます。

これが、これからも、ゲームクリアーするにあたっての大きな障害になります。

つまり事前に「定められた条件を備える」必要があるということになります。

 

ここを進んでいくためには

手前のポイントでPhotonの耳の色を黄色に変えるというステップを順番に組み込まなければなりません。

Photonの2つの角に見えたのは、「耳」のようです。どう見ても角に見えるのですが、修正します。

 

最後のChallenge20では「teleport」が2つ存在します。

これをクリアーすれば次のChapter2に進みます。

 

f:id:takky0116:20210826205239p:plain

ChapterとChapterの間やChapterの各所にストーリーを紙芝居風に描いてあるミニコントがあります。

ここは、子供たちにそれぞれ自分で考えたお話を話してもらっても面白いでしょう。

 

 

Chapter 2 Challenge1

Challenge1では「斜めに進むこと」を学びます。

画面出た指示に従って斜めにタブレットの小道に斜めに指で線を引き、ゴールを目指します。

Challenge2からは、ステップの数が指定されその数(最短値)でクリアーする必要があります。

 

Challenge4では、また「ゲーム」です。

今度はモンスターに熟れた美味しいフルーツを食べさせてあげなくてはなりません。

f:id:takky0116:20210826205244p:plain

f:id:takky0116:20210826205249p:plain

 

親日的なポーランド国民

ポーランド国民は伝統的に親日的ですが、

それにはいくつかの理由が考えられます。

日露戦争の勝利

まず、日露戦争で日本が、当時「ポーランドを支配していたロシア」をやぶったことが挙げられます。

日露戦争は1904年2月8日に始まり1905年9月5日に終わりました。ポーツマス条約で、朝鮮における優越権、旅順・大連の租借権と長春以南の鉄道に関する諸権利、南樺太を得た日本の大勝利と言われています。

確かに、旅順攻撃、奉天会戦日本海海戦でことごとくロシアを打ち破った日本です。

18世紀に3度にわたりロシア帝国オーストリアプロイセンの3国に領土を奪われ消滅したポーランドは、3国の中でもロシアに対する対抗心が一番強いように思いました。

第2次世界大戦ではドイツの侵攻により戦争が勃発しましたが、たった1か月の短期間にポーランドが滅びたのは、ドイツの侵攻のすぐあと、東からソ連が攻め入った為です。

2方面から挟み撃ちにされたら勝ち目はありません。

そして、もっと以前からもポーランドとロシアは同じスラブ民族ですが敵対していました。

そんなロシアを東洋の小国、日本が一泡吹かせたというわけです。

ちょうど、ロシアを挟んだ隣国のポーランドと日本。

そんなところに、親近感がわいたのでしょう。

1795年に消滅したポーランドはロシアの実質支配に置かれたポーランド立憲王国の時代をへて独立するのは第1次世界大戦後の1918年です。123年もの間、ロシアの支配下にいました。

ちょうど、ポーランドでも独立の機運の高まっていたところに、日本の勝利の報がもたらされたわけです。

 

 

㈡シベリア出兵の頃のポーランド孤児救出劇

また、1920年から22年に、日本政府や赤十字社が協力してロシア革命後のシベリアで、親を亡くしたポーランド人孤児を救い本国へ送還してあげた話は有名です。

当時、シベリアには15万人から20万人ものポーランド人がいました。

1918年に独立したポーランドですが、シベリアには19世紀から20世紀初めにかけてロシアによって流刑にされたポーランド人の家族が劣悪な環境下で暮らしていました。

1918年に「シベリア出兵」をした日本は、アメリカなどが撤退した後もシベリアに兵を駐留させていました。

当時ソ連に対抗できる唯一の勢力であった日本は、シベリアにいたポーランド孤児を日本経由で祖国に帰すことができました。

 

takky0116.hatenablog.jp

 

 

 

 

ユダヤ人救出

第2次世界大戦中、リトアニアの日本国領事代理の杉原千畝が、ポーランドリトアニアから来たユダヤ人のためにビザを発行して、旧ソ連、日本を経由して彼らを逃したこともポーランド人の心をとらえました。

 

takky0116.hatenablog.jp

 

 

こんな史実がポーランドでは現代にいたるまで語り継がれています。

 

贈り物(1) ポーランドのお酒

ポーランドから贈り物をいただきました。

手作りのお酒です。

いろいろな果実酒、薬草酒、自家製ワインまであります。

たぶん、日本と法律が違うのでしょう。

日本で、焼酎に梅酒をつくる感じで「ぶどう」を漬け込んだら酒税法違反になりますし、もちろん免許がなければ自家製でも「ワイン」は作れません。

 

ただ、ポーランドから持ち込むにも輸入通関で「酒税」が掛かるためFedExとの連携が必要でした。

自家製の為、アルコールの度数と分量が解らないので確認してほしいとのこと。

 

VODKAベースで日本ホワイトリカーと呼ばれる焼酎は35度程度ですが、なんと35度から88度のVODKAを使っているとのこと。

 

また、珍しい蜂蜜を発酵した「はちみつ酒」もいただきました。

 

これらのお酒の度数を確認して、若干の酒税を払わなければならなかったのですが、額が少額であった為FedExで払ってくれました。

 

 NALEWKA

ARONIA VODKA 2014

f:id:takky0116:20210820204311p:plain

2014とあるので、2014年製造のお酒でしょう。

飲んだらこれが一番アルコール度数が高そうでした。

ただ、7年間も熟成してあるので味も一番まろやかで芳醇な香りです。

一番のお気に入り。

NALEWKAはチンキのこと。ハーブをアルコールにつけて成分を抽出したもので高アルコール度なので保存もきくようです。

 

Ziolowa

f:id:takky0116:20210820203010p:plain

このziolowaもハーブの事です。

つまりこれもハーブ酒。

どんなハーブを使っているかは秘密のようです。

それぞれで独自のレシピがあるのでしょう。

これが一番薬草酒っぽい味でした。

お屠蘇の薬草をウオッカにつけたようなものです。

健康には一番良いのかもしてません。

 

NALEWA CZERWONA PORZECZKA

RED CURRANT VODKA  

 

 f:id:takky0116:20210820204436p:plain

赤い実をつけた薬草酒です。

ポーランドでは、いろいろな果実をウオッカにつけて果実酒を楽しんでいるようです。

 

 

 

MEAD TRIJNIAK

蜂蜜1:水2の割合で発酵させ熟成した「はちみつ酒」アルコール度は13%くらい。ポーランドではワインより人気です。もともとは、木のくぼみに溜まって自然発酵した蜂蜜酒を原始人が発見したという話があるほど、古くからの歴史を持つ飲み物です。 

f:id:takky0116:20210820203301p:plain

 帰国時に生徒から3種の「はちみつ酒」をいただいたのですが、こちらは自家製です。

蜂蜜を発酵させてアルコールを作るのですから技術と経験がかなりいると思うのですが、こんなものも各家庭でつくるようです。

酒税法に縛られた日本には失われた文化ですね。

 

takky0116.hatenablog.jp

 

PLUM VODKA

 

f:id:takky0116:20210820203416p:plain

この味が一番飲み慣れています。

ウオッカでつくった梅酒です。

勿論、日本のリカーベースよりアルコール度が高い上、

砂糖をあまり使っていないので、パンチが効いています。

 

 

 

WINO WINOGRONOWE

GRAPE WINE

 

f:id:takky0116:20210820203540p:plain

 こちらも自家製ワイン。

たぶんブドウを買ってきてつくるのか、もしかしたら農園でも持っていて

自分の庭にできたブドウから作っているのかもしれません。

瓶はポーランドで良く見かけるビールの瓶です。

ポーランドにいた時はこのビールをよく飲んでいました。

そして空き瓶は冷蔵庫にいれて水を冷やすのに重宝したものです。

 

takky0116.hatenablog.jp

 

 

takky0116.hatenablog.jp

 

 

takky0116.hatenablog.jp