ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ワルシャワ 駅から空港まで

帰国もワルシャワ経由です。

6月末のワルシャワ、この日の気温は23度、湿度も64%と天気も良く、一番快適なシーズンです。

日の出が4時16分で日の入りが21時01分。

夜も7時間しかありません。

日中の日差しを避け、みんな夕方から活動するようです。

レストランで食事したり、公園を散歩したり、飲みに出かけたり、街中人出が多く賑わっています。

ホテルを出てこれから、電車でショパン空港へ。

ここは、ワルシャワ駅の駅前。

目の前に「文化科学宮殿」がたっています。この建物は、スターリン様式と呼ばれスターリンによってポーランドに贈与という形で建設されたものです。

私はこの建物、好きではありません。

立派そうに見えますが余分な飾りや窓の貧弱さでなぜか薄っぺらに感じます。

そして、何よりも上のほう四つの方向から見ると時計も窓も同じです。遠くから見るとどちらが正面で、どちらが裏側かわかりません。

つまり、方向を示すランドマークとして役に立たないのです。

大都会のワルシャワ、その駅前にそびえる無駄な建築物です。

 

スターリンといえば、彼はロシア人ではないんですね。600以上の少数民族のいるロシアで彼は「グルジア人」いまでいうジョージア出身です。

栃ノ心」と同郷ですが似ているような似ていないような。

ワルシャワ中央駅(Warzawa Centralna)の入り口。この会談を下ると駅の構内につながります。

右の巨大な泡のようなガラス張りの建物が奇抜です。ショッピングセンターです。

 

キップはプラットホームの上にある販売所で並んで買えたのですが、ショパン空港へ出る電車が来るプラットホームがわかりません。

キップには勝った時間の刻印が押されていてこの時刻以降有効、という意味でしょうか。

仕方ないので、一番近くのホームに降りて待っている人に聞くことにしました。

スートケースとリュック2個、それにショルダーバッグを持ちながらウロウロできません。夫婦らしき人に話しかけたら、イギリス人らしく英語しか話せませんと言ってくれたので、ラッキーでした。旅行者のようですが、4番線から出ると教えてもらえました。

ドーハ行きの飛行機は日本人は一人もいません。中東系の人と、欧州人。

これで、ポーランドも最後です。