ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ジェロナグラ大学 日本語講座 受講生が年賀状を作りました

12月の最終週、日本から送ってもらった年賀状に文字を書き入れてもらい「年賀状作成」しました。

入門クラスの生徒、約20名。

ひとりに、一枚づつ配り、「あけましておめでとうございます・・・・」

と定型の新年のあいさつ文をおしえ、

さあ、書こうという段になって筆がすすみません。

見ていると、ノートに何やら一生懸命書きこんでいます。

「いやいや、ノートじゃなくって年賀状に書いて」といっても無反応。

よくよく理由を聞いてみたら、こんなにきれいなカードに自分の字を書くのがもったいない。このまま、家に持って帰りますとのこと。

予想外の反応でした。仕方ないのでもう一枚ずつ渡し、一枚だけは強制書き込み。

 

既修者のクラスは今まで書いたこともあるかも、ということで

作成は中止しました。

 

社会人も含んだ幅広い層のあつまる日本語教室です。

日本語学科の大学や日本にあるような日本語学校とは生徒の興味が違うかなと感じています。

もっと、日本の文化をより深く教えてあげたらよかったと反省。

でも、日本文化を教えるって大変ですよね。

もっと、勉強しなくては。