ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ポーランド ジェロナグラ 日曜日の過ごし方

この街に住み始めたころ、不思議だったことは、日曜日に町中に人があまりいないこと。

f:id:takky0116:20190613030602j:plain

街のメイン広場にも、中心地の停留所付近にも、素敵なヨーロッパらしい町並みの通りにも人がいないのです。写真をとっても、建物ばかり、人が写りません。

それが、冬にむかい寒くなるとますます閑散としてきます。

土曜日も、午後になると同じようなかんじ。

 f:id:takky0116:20190613030751j:plain

だんだん理由がわかってきました。なんと日曜日、一部の飲食店(カフェ等)コンビニ以外を除き、ほとんどの店が閉まっています。なんと、スーパーでさえも休業。

商店のドアの営業時間を見ると、日曜日どころか土曜日も14時までの営業です。

 

便利に使っているバスも、相当の間引き運転。

遠方に行ったら帰りのバスの待ち時間が長すぎます。

 

生徒の聞いたら、買い物は平日、会社や授業が終わってから行くそうです。

夏場はスーパーは8時半まで営業しています。だから、日本のように残業なんて考えられないと話しています。

 

つまり、日曜日は遠出をしようにも足がなく、おいしい店も閉まっているということです。

 

そこで、冬に向かって運動不足の解消のため「日曜日はプール」に行くことにしました。

これが、すこぶるたのしい。

目の前の停留所から17番バスに乗り、街の中心地を抜け、鉄道の反対側に向かうとおおきな室内プールがあります。

競泳用の25mプールと、流れるプール、子供専用プール、更にウォーターシューターも5本。2本はポーランド最大最長規模だそうです。

それに、ジャグジーも4つ。

 f:id:takky0116:20190610151914j:plain

25mプールは手前は水深1.2mなのですが向こう側はなんと1.8m。足がつきません。そんな、プールは小学校の屋外プール以来です。

 

帰りのバスは、1時間に一本ですが、時間がわかっているのでなんの問題もありません。

月曜、火曜、水曜は授業。午前中はその準備もあるし、のんびりできません。木曜日も疲れてぐったり。そんななか、日曜日のプールがリフレッシュに一番です。

 

料金 2時間 15ズォテイ(450円)

 

また、ここの中2階にはレストランもあります。そして市内ではめずらしく、日曜日もオープンしています。

ジャグジー、プールの後に食事をしてのんびり半日過ごし、気分もリフレッシュ。

 

さて、人はどこにいるか・・・・・教会です。アパートの前に教会があるのですが、日曜日の礼拝が11時、14時、16時、18時、20時と5回も。

200人は入れるのですが、毎回満席。

さすが、ローマ法王を出し、カトリック教徒の信仰が深いといわれるポーランドです。

 f:id:takky0116:20190705233801j:plain