ポーランド西部、ドイツ国境の街ジェロナグラ

ジェロナグラでの日本語教師生活日記、近郊の街、おいしい食べ物

ポーランド 鉄道事情 ジェロナグラからポズナン往復 乗り継ぎの場合、列車の遅延に注意

2019年5月17日

ジェロナグラからポズナン(往路)

出発前にネットでポーランド国鉄のホームページにアクセス。ホームページは英文を選択できます。

また以前切符を購入した際、IDを登録したため、簡単に切符が購入できます。私は60歳以上なのでシニア割引30%適用。

12月にクラクフに行った際に駅に窓口で購入したところ、このシニア割引が適用されていないことが後でわかりました。これは、自己申告しなかった自分の責任です。

 

12時43分 Zieronagura 出発。TLK77137 列車のドアにプレートで列車番号 WAGON ナンバー 停車駅が明記されています。

距離は134㎞、14時20分到着予定です。コンパートメントの席は購入時に選べますが今回は指定しなかったので真ん中の席。4人、4人の向かい合わせです。

料金は760円。スムーズにポズナンに到着しました。

f:id:takky0116:20190520074805j:plain

ポズナニに向かう電動機関車

 

5月18日 ポズナンからジェロナグラ(復路)

帰りは直通列車が良い時間になく、いったんドイツよりのRZEPINという町までベルリン行きのEICで移動。そこでTLKに乗り換えてジェロナグラへ向かう旅程です。

距離も大回りするため174㎞。料金も1300円くらいです。

16:30発の列車の出発ホームを2階の掲示板で確認し、1番ホームに降りたところ既にワルシャワからベルリンに向かう列車が入線していました。

ホームの電光掲示板には13:30ベルリン行きとあります。でも、時間は16:20分。

私の乗る列車は16:30ですから、たぶん、掲示板が誤って表示しているんだな、ポーランド国鉄もいい加減だなと思いながら乗り込み、自分の座席番号のコンパートメントへ入ろうとしたところ、たまたまそこは客室乗務員が使っている部屋でした。

そこで、切符の印刷物を見せたところ、なにやらポーランド語で話し始めました。

持っていたソースネクストのPOKETALKを使ったところ、「これは3時間遅れた列車です」とのこと。POKETALKの威力発揮です。

今回、教会の式典の際にもPOKETALKでスピーカーから流れてくる法話を拾い、内容が何となくわかったので、そういう使い道もあるなと実感しました

 

【公式】POCKETALK_W (ポケトーク) 翻訳機 74言語 ホワイト
 

 

ともあれ、いったん列車をおりました。

でも、この列車が遅れるということは私の乗る列車も遅れていることになります。

ワルシャワからポズナンまで3時間くらいしかかからないのに、3時間も遅れるなんて...とも思いましたが、国際列車はよく遅れるとも耳にしていました。

でも、私のRZEPINでの乗り継ぎ時間はたったの10分しかありません。

今度はホームにいた駅員に切符をみせ聞いたところ「No Problem」とのこと。早速また乗り込んで適当に空いている席に座りました。

途中車掌が改札に来ましたがなんの問題もありません。

おかげで、無事乗り継ぎ列車に間に合うことができました。

教訓  アクシデントはつきものです。たぶん、列車の延着なんて日常茶飯事なんでしょう。確かにポーランドは長距離列車は全て予約が必要ですが、どうせ空いているんですから、あまり気にする必要もないのかもしれません。

「No Problem」 ポーランドでもよく聞く英語のフレーズです。